ドイツにある靴工房のオンラインショップです。リーカーやフィンコンフォートなど歩きやすくて人気のドイツ靴やリコスタ、リヒター、ドイムリン、スーパーフィットなどの子供靴をドイツから日本へ直送いたしますので、お手頃価格でご購入いただけます!
 


わたしは、ドイツ国家資格の整形外科靴職人マイスターのヨアヒム シュミットと申します。
ドイツ ヘッセン州Lichリッヒという街で、整形靴工房&靴屋ヨアヒム シュミットを営んでおります。
Lichリッヒは、フランクフルトから車で30分ぐらい、ドイツの木組の家々が立ち並ぶメルヒェン童話のような街で、近くには、グリム兄弟が住んでいた家があり、メルヒェン街道がはじまる街でもあります。

 
  お店があるLichの街並み 300年以上前から建つドイツの木組みの家々、すべて手作りなので少しかたむいている


靴工房では、オーダーシューズやセミオーダーシューズ、オーダー中敷、靴調整や修理をはじめ
■外反母趾や疲れにくい、歩きやすい靴で愛用者が多い
ドイツ製 コンフォートシューズの【FinnComfort フィンコンフォート】や
【Ganter ガンター】【solidusゾリドス】
■マイスターが木型からすべて作ったオリジナルセミオーダーシューズ

ひとつのサイズにレディス靴型は4種類、メンズ靴型は2種類、
デザインは、60種類、革の質や色は、30種類以上と豊富です。足に合った靴型を選んでから、靴を作るので、作る前に履き心地やあたるところなどを確認できます。

■靴に支柱が入って足を支える整形靴 スイス製【kuenzli クンツリー】

■内反足の矯正や装具をつけて履けるカバーシューズとしてセミオーダー子供靴【scheinシャイン】 なども取り扱っております。

【Orthopaedie-Schutechnik Joachim Schmidt】

Hallo,Mein Name ist Joachim Schmidt,
Ich bin Orthopaedie-Schuhmacher-Meister.Unsere Werkstatt liegt in Lich Charlotenburg1

Telefonnummer 06404-6586695

Oeffnungszeit

Mo.Ruhetag
Di.9:00-12:30 14:00-18:00
Mi.9:00-12:30
Do.9:00-12:30 14:00-18:00
Fr.9:00-12:30 14:00-18:00
Sa.9:00-12:30
※日本人スタッフ対応ご希望の場合は、メールにてご予約ください。 

 
  整形靴工房&靴店ヨアヒム シュミット店内。 ドイツにご旅行の際はぜひお立寄り下さい。
 
  靴工房&靴店ヨアヒム シュミットです。 1620年に建てられた家、今も博物館として使われている。


足やからだにトラブルがあると、杖の助けが必要になります。
杖を使うと、手の自由をうばいます。
歩けなくなると、車いすの助けが必要になります。
車いすを使うと、押す人の自由をうばいます。
歩けなくなると、車を使うことが多くなります。
車を使うと、地球温暖化がすすみます。
足が痛いと、歩くのが苦痛になります。
歩かなくなると、さまざまな病気を呼び寄せます。
歩かなくなると、外に出なくなります。
外に出なくなると、こころがふせがちになることもあります。

たかが“靴”されど“靴”
足やからだの痛みはもちろんのこと、心や健康のために、
自分や自分を支えてくれている人々のために、
地球に暮らす人々のために、
地球のために
そして、生まれくる子供たちのために
ドイツの整形外科靴技術がお役に立てれば、わたしどもにとってこんなにうれしいことはありません。



ドイツ整形外科靴職人のシュミット ヨアヒムです。
私の父は、昼間はビール会社で働き、夜は自宅で靴修理などをしてわたしたちを育ててくれました。7歳頃から見よう見まねで修理をはじめ、プラモデルを作るより靴修理の方が楽しかった記憶があります。16歳になり親方のいる整形靴製作所で見習いとして働きはじめました。
月〜木曜日まで製作所で働き、金曜日は職業訓練校で勉強、他の製作所に通っている仲間との技術情報交換なども出来る有意義で楽しい場所でした。ドイツの良いところのひとつとして、実際に現場で働きながら勉強をするので、技術も身に付きやすく効率的だと思います。
見習いとして3年半経験し、ゲゼレという靴職人の試験をパスしました。マイスター(親方の称号)になるには、ゲゼレ靴職人としてさらに3年半技術を磨き、10ケ月間マイスター養成学校へ行き、国家試験を経て晴れて整形外科靴職人マイスターになることが出来る長い道のりです。わたしは24歳のときにマイスターになりました。

1997年   技術を教えるために来日しました。
2000年9月、仙台にて靴製作所&靴店「ヨアヒムズ」をオープン。
2011年6月末、震災の影響でやむなくお店を閉店
2011年9月、ドイツ ヘッセン州L i c hにて、新たに整形靴工房&靴店ヨアヒム シュミットをオープン。
職人歴、34年以上のベテランマイスターです。



スタッフ&靴職人見習いのシュミット雅美です。
 私がドイツにこのような技術があることをしったのは、20代前半のころでした。
 私の母は、私が10代の頃からリウマチに悩まされ、膝に人工骨を入れる手術を受けました。
手術のあと、母のリハビリを付き添ううちに、リハビリの大切さや体の回復力のすばらしさに感動し、わたしも痛みをやわらげられる、そんな仕事につきたいと思いはじめました。 そんなとき、仕事で渋谷を歩いていたら、お店のウインドーに貼られている新聞記事がふと目にとまったのです。そこには、オーダー中敷で外反母趾の痛みが楽になったと書かれてあり、‘オーダー中敷き’ってなんだろう?と思い、オーナーさんの女性に話を伺うと、彼女は、アメリカの国家資格で「ペドオーチスト」という医師の処方箋によりオーダーシューズやオーダー中敷きを作る職人資格を取得してお店を出したとのことでした。
 その頃、私もときおり外反母趾が痛み、整形外科に2〜3軒行ったが、いつも「塗り薬」をもらうだけ、心の中で、『そうじゃないよな〜解決方法は』と思っていた。そこで、さっそく自分用に『オーダー中敷き』を作ることにした。履いたら、おどろいた!
【すごい!親指のつけ根が痛くなく歩ける!】目からうろことはこのことだ! 【これだ〜!!私のしたかった仕事は!】と
つぎの日には、お店に電話をしていた。
【タダで何でもしますから、技術を教えていただくことは出来ませんか】
それが、わたしと整形外科靴技術とのはじめての出会いでした。
お蔭で歩けるようになったよ、の声に支えられ、今後も少しでも足や靴でお困りのかたにお役に立てることがあればうれしいかぎりです。



ドイツでは、この整形外科靴職人と靴職人とふたつ資格があり、整形外科靴職人は、一般的な靴作りを習得したのち、医学的な知識、技術を勉強して、医師からの処方箋にもとづいて靴作りを行います。それには、健康保険も適用になります。




ドイツ発祥の職業訓練制度のことです。ドイツには「マイスター(M e i s t e r)」と呼ばれる「親方」「名人」を意味する職人の事で、国が認めた職人としての最高の位です。
中世から、伝統的な手工業がさかんで、国の繁栄を支えてきたのが、この職人たち、この大事な技術・職人を育てるために、親方のもとで見習いと修行する習慣が古くからあったドイツで、国が制度として制度化した職能訓練の社会制度が「マイスター制度」です。マイスターは政府が与える国家資格です。ドイツでは、職人はとても大事にされており、国で職人を育てる仕組みがあるのです。

- 上へ戻る -

↑ 上へ戻る

特定商取引法に基づく表記支払い方法について配送方法・送料についてプライバシーポリシー
ドイツにある靴工房&靴屋の直営の通販サイト「ドイツ小人の靴工房」